dynabook Tab VT484

モバイル端末の整理」について
7型タブレットからWindows端末へのリプレイスで選んだのは東芝のdynabook Tab VT484でした。昨年11月時点ではBay Trail-T搭載8インチタブレットの発売を待ちかねており、最初に日本市場へ展開した東芝製品に飛びついた次第です。
年も明け3月となれば、各メーカーの端末が出揃っています。その中で比較すると決して軽くはないですし、ストレージの性能も微妙でしょう。ですがWindows環境をこれだけ手軽に持ち歩けることは、まさに感動でした。
このブログをたどればVAIO type Uから始まった小型PCシリーズですが、10年弱を経て、主にバッテリーライフの観点で実用に足るPCを手にすることとなったのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック